サンナ株式会社

関西のプラント設計・工場設計はサンナ株式会社へ

  • サンナ株式会社 アクセス
  • サンナ株式会社 サイトマップ

マンション大規模修繕とは

大規模修繕とは、マンションの基本性能を維持するために定期的に実施される修繕です。

一般的には10~15年に1度行われ、劣化した部分を診断し、まとめて修繕工事を行います。

【劣化とは?】

マンションは完成後、時間が経つにしたがって様々な部分で劣化が進行します。

劣化は主に、この3種類に分類されます。

物理的劣化 機能的劣化 社会的劣化
  • 建物の傷み

(例)ひび割れや防水機能の低下や、それが原因で起きる鉄筋の腐食・配管トラブルなど

  • 建設後の技術の向上や、法律規制の変化に対応しきれていない部分

(例)耐震強度の規制 など

  • 社会の需要に対応できていない仕様やデザイン

(例)銭湯が撤退した地域の『風呂なし物件』など

マンションの劣化は建物の傷みだけではなく、法規制や需要の変化によって起こる『不都合な点』も含まれます。大規模修繕では、建物を長持ちさせ、住人の安全を保つ目的で物理的劣化(建物の傷み)に絞って工事を行います。また、必要に応じて機能的劣化や社会的劣化を解消する改良工事・改善工事を行うこともあります。

【見た目の問題だから、塗装や外壁の工事は不要?】

 塗装や外壁を修繕すると、新築のような美しい外観になります。しかし、大規模修繕の目的は外観だけではありません。外壁や塗装には、コンクリートや鉄筋をカバーし保護する役割を果たしています。外壁や塗装が傷むと、その下にあるコンクリートや鉄筋が、劣化しやすくなります。逆に考えれば、表面(外壁や塗装)のケアを十分に行うことができれば、末永く住み続けられるとも考えられます。このように、大規模修繕は単に劣化を修復するだけではなく、劣化を食い止める働きもあります。